場所細胞とグリッド細胞

オキーフ博士とモザー博士夫妻のノーべル生理学医学賞2014受賞 にあたり、同博士および多くの関連研究に貢献された皆様に対して、お祝いと感謝の気持ちをお伝えしたいと思います。 今回の受賞対象である場所細胞とグリッド細胞の発見について、私たちはその革新的な実験的知見を追いかけながらその働きを解明すべく計算論モデルの構築をして来ました。場所細胞、グリッド細胞の活動が時間的空間的特性が一義的に重要であり、言葉だけで伝えることが難しいものとなっているため、私たちのモデルをアニメーションにして機会ある毎にご紹介して来ました。この機会にそれらのアニメーションをここに公開致します。オキーフ博士とモザー博士夫妻の発見のに基づく理論モデルの振舞ですが、これらを通して博士らの発見についても親しんで戴けることを期待致します。

                 山口陽子 2014.10


 

ラットの実験の様子

ラットの実験

ラット場所細胞のシータ位相歳差

ラット場所細胞のシータ位相歳差

グリッド細胞から場所細胞へ

グリッド細胞から場所細胞へ

出来事の記憶と想起

出来事の記憶と想起

Encode2D

シータ位相歳差の海馬ー内嗅野モデル

ヒトの物ー場所記憶

ヒトの物ー場所記憶