From Grid Cells to Place Cells

This movie requires Flash Player 9
 

グリッド細胞の発火率をそのまま加えると海馬側の細胞の活動は、あちこちに分散してしまい、場所細胞としての場所選択制が十分に出ない。
内嗅野II層のグリッド細胞が持つシータ位相歳差をいれると、海馬側の細胞(ここではDG顆粒細胞)その発火位相が揃うかどうかを区別することで、場所細胞を生み出すことができる。
結果としてグリッド細胞で生まれたシータ位相歳差は海馬場所細胞にも伝達される。

REFERENCE

  • Molter C, Yamaguchi Y, “Organization of hippocampal place cells by entorhinal cortex grid cells. Impact of the nonlinear factor of the phase precession mechanism”, 2007 International Joint Conference on Neural Networks (IJCNN2007), Special Issue, pp. 944-949

 

場所細胞とグリッド細胞 トップへ