カテゴリー別アーカイブ: 未分類

研究会: Challenges in understanding Dynamics of Emergent Intelligence

日時    平成29年12月7日(木)12:30 – 15:45

場所    理化学研究所 脳東棟, 1F セミナー室      [Access]

実行委員 (アイウエオ順)

川崎真弘  (筑波大学)

北城圭一 (理研脳科学総合研究センター)

佐藤直行  (公立はこだて未来大学)

中谷裕教 (東京大学)

水原啓暁 (京都大学)

我妻広明  (九州工業大学)

*本研究会は文部科学省新学術研究領域研究(H27-31)非線形発信現象を基盤としたヒューマンネイチャーの理解(リンク)との共催です。

プログラム

(発表言語は英語です)

12:30-12:50
佐藤直行  (公立はこだて未来大学)
Computational modeling of human episodic memory in the hippocampus

12:50-13:10
坂本一寛  (東北医科薬科大学)
Looking back on synchronization and oscillation

13:10-13:30
北城圭一 (理研脳科学総合研究センター)
Unraveling nonlinear human brain dynamics by perturbational approaches

13:30-13:50
川崎真弘  (筑波大学)
Modulation of human EEG synchronization by brain stimulation and psychiatric disorders

13:50-14:10
水原啓暁 (京都大学)
Neural oscillations: a unified theoretical framework for understanding “communication”

14:10-14:20
Coffee break

14:20-14:40
多賀厳太郎 (東京大学)
Beyond self-organization – early human development of brain and behavior

14:40-15:00
中谷裕教 (東京大学)
Quick thought process in board game expert : a possible role of the cerebellum in cognitive function

15:00-15:20
我妻広明  (九州工業大学)
Brain-Inspired Robotics and Nonlinear Dynamics to Think about Embodiment and Global Entrainment

15:20-15:45
山口陽子  (理研脳科学総合研究センター)
What is dynamics of emergent intelligence? – Problems solved and unsolved

Model and Tool

FitzHugh-Nagumo (BVP)equation simulator

下記のBVP方程式の数値積分用ツールです。 ーx が膜電位に対応する変数です。神経興奮を再現する基本的なパラメータ:a = 0.7, b=0.8, c = 3.0, Z = 0. パラメータ設定により精度が異なりますので、結果の信頼性については各自の責任で判断して使用して下さい。

BVP equationダウンロード BVPEquation4 圧縮ファイル BVP方程式の基本的な性質を理解する目的に使用して下さい。

文献)FitzHugh R, (1961) Impulse and physiological states in theoretical models of nerve membrane. Biophysical J. 1: 445-466


トップページに戻る